Javaのセキュリティ対策により Java アプレットがブロックされる

Java 7 Update 51 以降がインストールされているPCにおいて、当サイトの Java アプレットを使用しているページにアクセスした際にセキュリティに関するメッセージが表示され、Java アプレットが起動できず表示されるべき画面が表示されません。


本件については現在早急に対応を進めておりますが、対応が完了するまでの間、暫定的な回避方法を試していただき、当サイトをご利用していただきますようお願いいたいます。

回避方法

Javaのセキュリティ設定で、例外サイトリストに当サイトのURLを追加することにより、本件を回避することが出来ます。設定手順は以下の内容を参考にしてください。
[参考情報]  http://www.java.com/ja/download/faq/exception_sitelist.xml

1. Windows コントロールパネル画面から、Javaコントロールのアイコンをクリックします。



2. Javaコントロールパネル画面の「セキュリティ」タブを選択し、セキュリティ・レベルを「中」にします。
    その後、「サイト・リストの編集」ボタンをクリックします。




3. 「例外サイト・リスト」画面にて「追加」ボタンをクリックし、「場所」フィールドに当サイトのURLを入力します。最後に「OK」ボタンをクリックし、設定は完了です。


4. リストにURLが追加されているか確認してください。